読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えいが少年

気ままに鑑賞 のんきにレビュー きほんネタバレ

「トゥモローランド」かつて少年少女だった大人たちへ

映画レビュー SF アクション

f:id:nonkini:20151012225348j:image

Mr.インクレディブル」「ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル」のブラッド・バード監督が、ウォルト・ディズニーが残していた夢のプランに着想を得て手がけたオリジナル作品。
  宇宙飛行士を夢見る17歳の少女ケイシーは、ある日、自分の荷物の中に見慣れないピンバッジが紛れ込んでいるのを見つける。ピンバッジに触れたケイシーは、テクノロジーの発達した未知の世界「トゥモローランド」に迷い込むが、ほどなくして元の世界に戻ってきてしまう。そんな彼女の前にアテナと名乗る謎の少女が現れ、「再びトゥモローランドに行きたければ、フランクという男を訪ねろ」と言う。このことをきっかけに、ケイシーは人類の未来をかけた冒険に出ることになる。(映画.comより)
 2015年  アメリカ制作  130分
   キャスト
ジョージ・クルーニー(フランク・ウォーカー)
ヒュー・ローリー(デビッド・ニックス)
ブリット・ロバートソン(ケイシー・ニュートン)
ラフィー・キャシディ(アテナ)
トーマス・ロビンソン(若き日のフランク)
 
期待を裏切らないアトラクション映画!
  さすがディズニー映画らしく、まるでアトラクションのように、最後までワクワク・ハラハラ・ドタバタ楽しませてくれる。
  ジョージ・クルーニーは渋いのに面白い。ケイシー役のブリット・ロバートソンは美人で芝居上手い。アテナ役のラフィー・キャシディもよかった。
  観終わったあと、楽しい気分にさせてくれるのは確かだ。
 
   謎は解けるのか?
     ( ここからネタバレ!)
  しかし、なんか…わかりにくい。
  実際、2回観て他の解説とか読んで、初めてわかったところもある。                                          

   “ウォルト・ディズニー最大の謎にして最高のプロジェクト”とあるが、そのトゥモローランドも未来なのか異次元なのか、よくわからない。変な装置でまずパリのエッフェル塔へ行って、そこのロケットで宇宙へ出て、そこから地球へ向かって突っ込んで行くとトゥモローランドへ…。映像はすごいが設定がわかりにくい!

  破滅へ向かう可能性が100%だと示しているカウンターも、始めは何のことだかわからなかった。
  ラスト近く、ケイシーとフランクが解決策を見つけた時も、一瞬ついていけなかった。まぁなんとかうまくいったみたいだから、いいか…って感じ。
  そしてラスト、あのリクルーターの子供たち…あれもAA(オーディオアニマトロニクス)?
  謎は深まるばかり…( ? _ ? )
  これ子供が観て意味わかるのかな?設定が理解できるのかな? 
  そうか!これは大人の映画なんだ!
  確かに主人公は、かつて美少年の50過ぎのオッサンだ。
  実は、その主人公はブラッドバード監督自身なのかもしれない。子供の頃から憧れてた世界を描いたのかもしれない…。
f:id:nonkini:20151012225400j:image
f:id:nonkini:20151012225409j:image
そんなこと言いならも結構楽しんで観てしまいました(^O^) 映像はすごいし、実は好きな映画です(^_^)v
 
 
☆おまけ☆
f:id:nonkini:20151015004551j:imagef:id:nonkini:20151015004557j:image
ジョージ・クルーニーはSFがよく似合う。
「ゼログラビティ」の時はバズかと思ったo(^▽^)o