読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えいが少年

気ままに鑑賞 のんきにレビュー きほんネタバレ

「ジャッジ」 裁かれる判事 “ダブルロバート”大激突!

映画レビュー ドラマ

f:id:nonkini:20151121182246j:plain

有能な弁護士だが真偽よりも勝利にこだわり、金持ちを強引に無罪することで知られるハンク・パルマー(ロバート・ダウニー・Jr.)。父のジョセフ・パルマー(ロバート・デュバル)は世間から信頼を集める判事だったが、そんな父が苦手なハンクは、長らく父と絶縁状態にあった。しかし、ある時、ジョセフが殺人事件の容疑者として逮捕されるという事件が起こり、ハンクが弁護人を務めることに。正義の人である父が殺人を犯すはずがないと信じるハンクだったが、調査が進むにつれて疑わしき証拠が次々と浮上する。(映画.comより)

監督:デビッド・ドブキン

キャスト:ロバート・ダウニー・Jr.

                  ロバート・デュバル

     ベラ・ファーミガ

     ビンセント・ボノフリオ

      ジェレミー・ストロング

2014年 アメリカ 142分 G

f:id:nonkini:20151123101210j:plain

 この作品、法廷サスペンスではあるが本質は父と子の物語である。親子の確執がテーマになっている。

まずロバート・ダウニー・Jr.演じるハンク・パルマーの人物設定。金持ちを強引に無罪にするなんて、まるで古美門 研介か⁉と思った。

実は自分は「リーガルハイ」の大ファンなのである(^O^)。携帯の着信音も「リーガルハイ」のテーマ曲にしてるくらい… それはいいとして、法廷ものには名作も多く裁判所内でのやりとりが緊迫感がありおもしろいのだが、この作品はそれがメインではない。裁判中に、被告人・弁護人という関係の中で親子の確執が解かれていくのである。

劇中でも、裁判中であるのにかかわらず周りの存在が無くなる瞬間がある。

そんな“ダブルロバート”の演技、それを観るだけでも価値はある。

上映時間は長いのだが、それを感じさせないくらいである。

ロバート・ダウニー・Jr.のキャラは、まんまトニー・スタークではあるがそれが逆に期待通りで安心して観られるのかもしれない。

 

ラストの釣り船でのシーン、悲しい瞬間ではあるが二人にとっては最高のひと時であっただろう。

 

個人的に、“飛ぶ鹿食堂”の窓からの景色がすごく気に入っている。思わず見とれて役者たちが見えなかったくらい。夜のシーンでも幻想的で、自分の “世界の行ってみたい絶景100選”に確実に入るよ(^o^)/ ちなみに「クラウド・アトラス」のオープニングの海岸(トム・ハンクスのシーン)もです(^_^)v