読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えいが少年

気ままに鑑賞 のんきにレビュー きほんネタバレ

「トラッシュ!この街が輝く日まで」少年たちの冒険活劇!

 f:id:nonkini:20160205232452j:image

リトル・ダンサー」「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」のスティーブン・ダルドリー監督が、ブラジルのリオデジャネイロを舞台に、ゴミ拾いをして生活している少年たちの起こした行動が、やがて街に希望をもたらしていく様子を描いたドラマ。脚本は「ラブ・アクチュアリー」「アバウト・タイム 愛おしい時間について」のリチャード・カーティス

リオデジャネイロ郊外で毎日ゴミを拾って生活している3人の少年が、ある日、ゴミ山の中で財布を拾う。しかし、その財布には世界を揺るがす重大な秘密が隠されていた。警察もその財布を探すため大捜索を開始し、街には混乱が広がるが、少年たちは自らの信念に基づき、財布に隠された秘密を解明しようと決心する。少年たちは知恵を振り絞って警察の追跡をかいくぐり、隠された真実に近づいていくが……。

                                               (映画.comより)

監督:スティーブン・ダルドリー

キャスト:リックソン・テべス

     エデュアルド・ルイス

     ガブリエル・ウェインスタイン

     マーティン・シーン

     ルーニー・マーラー  他

  2014年 イギリス 114分 G


映画『トラッシュ!-この街が輝く日まで-』 予告

少年たちのアドベンチャーストーリー

テンポもいいし、最後まで一気に観れた。

3人ともオーディションで選ばれた無名のの少年たちだ。映画と同じようなスラム街で生まれ育ったらしい。だからすごく自然なんだ。 

監督のスティーブン・ダルドリーの手腕によるものもあるのだろう。「ものすごくうるさくて〜」でもそうだったが、自然に演技をさせるのが本当に上手い。

現実には、スラム街にあんなに素直ないい子は、あまり居ないかもしれない。しかし、勧善懲悪なストーリーがわかりやすく、小学6年の息子にも観せたいと思った。

「なぜ、そんなことするのか?」

「ただしいことをしたいから。」

そう、単純でいいんだ。

ちなみに脚本のリチャード・カーティスは、「Mr.ビーン」TVシリーズの脚本を書いていたらしい。実は次男(12歳)は「Mr.ビーン」の大ファン。偶然だけどちょとうれしい。

 

舞台となるリオのあの空気感もよかった。

あのにおい感(ゴミ山はすごい臭いはず!)、手触り感、土煙のザラザラ感が新鮮に思えて気持ちよかった。

子供の頃、友だちと秘密基地を作ってワクワクしたこと思い出したなぁ。

この映画はハラハラするけど、ワクワク感とか、純粋な正義感は息子にも共感して欲しいと思った。

政治家や警察の汚職など結構キツイテーマを取り扱っているが、最後は幸せな気分になれる。

イギリスらしい上質な作品である。

 

f:id:nonkini:20160205232502j:image