読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えいが少年

気ままに鑑賞 のんきにレビュー きほんネタバレ

「カンフー・ジャングル」No.1はドニー兄貴だ!

 

f:id:nonkini:20160314191748j:image

孫文の義士団」のドニー・イェンとテディ・チャン監督が再タッグを組んだカンフーアクション。警察で武術教官を務めるハーハウ・モウは、一門の名を挙げるため私的な試合に参加して殺人を犯してしまい、刑務所に送られる。ある時、武術界の精鋭たちが立て続けに殺害されるという事件が発生し、ハーハウは捜査への協力と引き換えに仮釈放される。担当捜査官のロク警部とともに事件を追うハーハウだったが、犯人はカンフーの必殺技を使い次々と武術家たちを葬っていく。(映画.comより)
 
監督 : テディ・チャン  
アクション監督:ドニー・イェン
キャスト : ドニー・イェン   ワン・バオチャン
     チャーリー・ヤン  ミシェル・バイ
     シー・シンユー  ルイス・ファン
     ユー・カン        他


『カンフー・ジャングル』予告編

すべてのカンフーファンに捧ぐ最強映画!
 久しぶりに見応えのあるカンフー映画だ!
自分はぎりぎりブルー・スリー世代である。小学校の頃ガキ大将はブルース・リーの蹴り真似をしながらケンカしてた…みんなでブルース・リーごっこもしてた…駄菓子屋でおもちゃのヌンチャクが売ってた…そんな時代だ。
その後ジャッキー・チェンにはまり、アクション映画好きの俺にとって香港カンフー映画は青春の象徴のようなものだった。
そんな俺でも「これはいい!」と思えるカンフー映画はそんなに多くない。
ジャッキー・チェンの大作は別として、いわゆる“カンフーアクション映画”はB級感と作りの粗さを感じることがよくあった。
“ハリウッドアクション”大好き!な俺の偏見もあるかもしれないが、カンフー映画は特別な“温かい目”で観てるのも確かである。
それでも、ドニー兄貴はやっぱり特別だ。
同い年で若くして“少林寺”でブレイクし、ハリウッドにも進出しているジェット・リーと比べるとかなりの遅咲きと言えるだろう。
しかしキャリアは相当なもので、アクション監督も数多く務めてきた彼は本物の映画人である。
また彼ほどマーシャル・アーツを理解している映画人は他にいないであろう。しいて言うならブルース・リーだ。そうブルースに憧れこの世界に入った彼は、唯一ブルースの魂を受け継いでいる映画人である。
「イップ・マン」シリーズを観れば、彼のカンフーに対しての思い入れが伝わるはずである。彼自身も「これを自分の最後のカンフー映画にしたい。」言っているほどである。
 
 この作品に話をもどす。
“カンフー・アクション・リスペクト映画”
というだけあって、香港カンフー映画の歴史に関わった人々がスタッフとしてキャストとして登場する。
すべての人物を知ってるわけではないが、ファンにとってはうれしい発見がいっぱいある。あのレイモンド・チョウが出てたのにはかなり驚いた!(エンドクレジットまで気付かなかった!)
最近のキャストでは、シー・シンユーやルイス・ファン、ユー・カン、そしてワン・バオチャン…もうおなかいっぱい‼
 
ストーリーもカンフーとミステリーをうまく現代劇にミックスさせている。
アクションの山場も何か所もあり、クライマックスまで一気に駆け抜ける。ラスト13分7秒の死闘、これは予告編通りかなりすごい!
本物のカンフーの達人対決! 
カンフーファンなら大満足させられるのは間違いない!
 
そしてエンドクレジット…なんか涙出そうになってくる。
 
今まさに “宇宙最強!ドニー・イェン” の時代!
「イップ・マン3」も楽しみだ!